PC-9800のHDDをDOS/Vで読もう



 パソコンの買い替えなどで、PC-9800シリーズに接続されているHDD内のデータをPC98-NXシリーズやDOS/V機に移動したい場合があります。光ディスク(MO)装置などがあればデータの移動も比較的簡単に行えますが、FDしか無い場合はデータの移動も大変です。PC-9800シリーズで使用していたHDDが、そのままPC98-NXシリーズやDOS/V機に接続して読み書きできれば良いのですが、次のようにHDDの論理フォーマット形式の違いから、そのまま接続しても読み書きはできません。
パソコン 論理フォーマット形式
PC-9800シリーズ PC98ハードディスク形式
PC98-NXシリーズ,DOS/V機 FDISK形式

 ここではPC-9800シリーズで使用していたHDDを、PC98-NXシリーズ(またはDOS/V機)に接続して直接読み書きする方法について紹介します。


  1. 動作概要

     弊社DOS用ディスクドライバ(MSDRVR.SYS(*1))は、PC98ハードディスク形式のHDDの読み書きが可能です。このドライバをWindows95のCONFIG.SYSファイルに登録することで、PC98-NXおよびDOS/V機環境でもPC98ハードディスク形式のHDDの読み書きが行えます。

    *1.弊社SCSIアダプタ(MPS98を除く)や弊社製バックアップ製品等に付属しています。

  2. 設定方法

     「Windows95起動ドライブ内のルートディレクトリにあるconfig.sysファイル」にASPIマネージャとディスクドライバを登録します。メモ帳等でファイルを開き下記の図を参考にし編集を行ってください。

    config.sys
    config.sys記入例

    オプション「-oi-」について
    使用するMSDRVR.SYSファイルのタイムスタンプが1995年11月25日以降のものには、「-oi-」オプションを付加してください(これ以前のものはオプションは不要です)。このオプションは、SCSI BIOS-ROMで認識したSCSI機器もMSDRVR.SYSで接続するオプションです。また、「-ob」オプションは必ず付けてください

    他のオプションについては、SCSI郎/98/PLUS/LTや弊社製SCSI I/F付属の取扱説明書にある「MSDRVR.SYS」の説明を参照してください。

    「Windows95起動ドライブにあるWindowsディレクトリ(Windows95フォルダ)内IのOS.INIファイル[SafeList]項目」にASPIマネージャとディスクドライバを登録します。メモ帳等でファイルを開き下記の図を参考にし編集を行ってください。

    IOS.INI
    IOS.INI記入例

    登録したドライバの後に「; MicroStaff ASPI Manager」や「;MicroStaff DISK Driver」と付けることも可能です。「;」(セミコロン)以降はコメントになります。

    IOS.INIファイルの[SafeList]へ登録する事とは
     config.sysに登録した16ビットドライバをWindows95で安全に動作させるためです。PC-9800シリーズで使用していたHDDはMS-DOS互換モードのファイルシステムで利用可能になります。


    パソコンを再起動し、システムプロパティでパフォーマンスを確認して下さい。

    システムプロパティ_MS-DOS互換モード

    図のように、MS-DOS互換モードのファイルシステムが出来ていれば、PC-9800シリーズで利用していたHDDは接続完了です。ファイルの読み書きテストを行い、正しく動作することを確認してから使用して下さい。

  3. 運用・その他

     上記設定により、接続したPC98ハードディスク形式のHDDはそのまま使用できます。なお、HDDをWindows95の標準(32bit)ディスクドライバで接続する場合は、次の方法でHDDをFDISK形式で再フォーマットしてください。

    1. HDDのデータを別ドライブ(IDE HDD,MO等)に全てバックアップします。

    2. HDDを初期化(物理フォーマット(*1))します。(HDD内のデータは全て消去されます)

    3. HDDに区画を作成(FDISK(*2))し、Windows95を再起動します。

    4. 作成した各区画を論理フォーマット(*2)します。

    5. バックアップしたデータをフォーマットしたHDDに戻します。

    *1.既存の環境で行なうか、既存の環境で出来ない場合はハードディスクメーカーに御相談ください(MPS390uN/uVをご利用の場合はSCSI BIOSユーティリティから行えます)。なお、初期化を行わずに「項目3」を行なうと不要な先頭情報が残り、最悪HDDを接続しているだけでコンピュータが起動しない場合があります。

    *2.区画の作成やフォーマットの詳しい使用方法についてはOSメーカーにお問い合わせください。

    ハードディスクがFDISK形式でフォーマットされると、このハードディスクはWindows95の標準ディスクドライバ(32bit)で接続されます。このためシステムプロパティに表示されていた「MS-DOS互換モード」の表示もなくなります(下記の図参照)。

    システムプロパティ